人事評価コンサルティングを導入する流れ

人事評価制度で適正な評価をおこなうことは重要ですが、公正な評価制度にしようとするほど担当者の負担が大きくなります。これを解決するために人事評価制度をコンサルティングに依頼する、という方法があります。この記事では人事評価コンサルティング導入の流れについて解説しています。

目次

人事評価コンサルティング導入の流れ

自社の現状を把握し、目標を設定する

人事評価コンサルティングを導入する前に今の状況を詳しく調査・分析し、解決すべき課題を明らかにし、目標を設定する必要があります。状況調査は人事担当者にすべてを任せるのではなく、社内全体でのアンケートの調査や従業員一人ひとりの生の声を聞くことで、現在の人事評価制度の質がみえてきます。目標を立てる際は今抱えている課題だけではなく、数年先を見据えて考えてみてください。

コンサルティング会社を選ぶ

コンサルティング会社を選ぶポイントである実績・ノウハウ、自社のニーズとサービス内容の合致、担当者との相性、費用対効果を考慮しながら設定した目標に合う会社を選びましょう。

実績のある会社は事例やノウハウも持っています。自社と同じ規模の会社をコンサルした実績があるか確認しましょう。 とくに費用はよく確認しましょう。会社の規模のほか、何をどこまで依頼するかにより費用に差が出るため、安さに飛びつくのではなく、自社で得られる費用対効果をじっくり考えながら選ぶことがポイントです。

コンサルタントによるヒアリング・分析

コンサルティングを導入すると、コンサルタントが人事担当者や従業員など関係者と面談やヒアリングをおこない、企業から提出された資料・データ、現在の評価制度の分析などをおこないます。

企業が実施した調査とコンサルタントによるヒアリング、企業に関するデータの分析、この3つからコンサルタントは従業員の意見や満足度と改善すべき点を把握して、公平性や透明性、報酬体系の妥当性などさまざまな角度から改善すべきところを見つけ出します。

コンサルタントによる評価制度案の作成・提案

分析結果をもとにコンサルタントが評価制度案を作成し、具体的な評価基準や評価プロセスの改善案、報酬体系の変更案を企業に提案します。新しい制度案には、実際の導入段階やトレーニングの実施、評価基準の適用方法など計画や手順も記載されています。

新しいコンサルティングを導入すると「抵抗を感じるのではないか、受け入れられないかも」と不安になる企業もあるでしょう。コンサルタントはそれを踏まえて導入前にあらゆる工夫をして受け入れやすいようにサポートしてくれます。

モニタリングと評価をおこなう

新しい人事評価制度が走り出したら、コンサルタントはモニタリングと評価をおこないます。

従業員の企業に対する信頼の向上、報酬制度の公平性、従業員からのフィードバックや意見、実際の業務への影響などを数値化し評価していきます。また、数値化できない内容もコンサルタントの観点から評価してくれます。

人事コンサルティングを導入したことで、適正な人事評価ができれば従業員のモチベーションが上がり、会社の経営方針や人材教育指針が明確になるでしょう。

継続するための改善方法を提案

新しい人事評価制度を導入したからには、継続していかなければなりません。継続するためには、すべての評価を踏まえて新しい人事評価制度の結果を企業と一緒に再度分析しながら更に改善すべき点を見つけ出し、制度の改善を提案します。

人事評価制度をコンサルタント会社に依頼すれば、企業は制度導入後もコンサルタントのアドバイスを受けることができます。改善すべき点が見つかったとしてもスムーズにアドバイスを得られるため、破綻させず、運用するとができるでしょう。

編集チームまとめ

自社の現状を把握・目標を設定し、コンサルティング会社を選択、コンサルタントがヒアリング・分析を実施、コンサルタントが評価制度案を作成・提案、モニタリングと評価をおこない、継続するための改善方法を提案します。ここまでが人事評価コンサルティング導入までの流れです。

一般的な導入方法について解説しましたが、評価制度の構築に失敗している場合は、必ずどこかに原因が隠れています。下記のページでは、人事評価制度の構築をフェーズごとに細分化し、実施すべき項目をまとめています。自社に足りていなかった施策を特定し、まず何から取り組むべきなのかを把握しましょう。

人事評価制度の導入
フェーズごとに取り組むべき施策
をチェック

会社のフェーズにあった
人事評価制度を導入するのがカギ!
おすすめの人事評価コンサルティング会社3選

企業の成長段階に合わせた人事評価制度の導入は、組織全体のパフォーマンスを向上させることができます。会社のフェーズごとに適切なコンサルティングサービスを選ぶのがポイント。おすすめのコンサルティング会社を3社ご紹介します。

20名規模の【初期フェーズ】
初めて人事評価制度の導入
を考えている企業向け
日本経営

引用元:日本経営公式HP(https://nkgr.co.jp/)

ここがポイント!
  • 人事評価システム”人事評価ナビゲーター”で評価制度・システム両方を一から構築。
  • 意識調査・満足度調査によって、従業員全員が納得できる評価制度設計が可能。

日本経営公式HP

詳細を見る

50~100名規模【拡大フェーズ】
マネジメント層の主観感情による
評価を見直したい
企業向け
OGSコンサルティング

引用元:OGSコンサルティング公式HP(https://ogs-consulting.co.jp/service/)

ここがポイント!
  • マネジメント層に対する評価制度の理解で、正しく評価ができる組織の土台作り。
  • 非定量的な業務への適切な評価項目の設定で、従業員からの不満を無くす。

OGSコンサルティング公式HP

詳細を見る

300名以上規模【成熟フェーズ】
現行の古い評価制度を改変し
離職率を下げたい企業向け
セレクションアンドバリエーション

引用元:セレクションアンドバリエーション公式HP(https://sele-vari.co.jp/)

ここがポイント!
  • 従業員の成長を促す評価システムと成果に基づいた報酬プランを提案。
  • 社内浸透、外部ステークホルダーや社内の役員層への説明フォローで制度改変の障壁を減らすことができる。

セレクションアンドバリエーション公式HP

詳細を見る

Google検索「人事評価コンサル会社」で検索して10P内に表示されたコンサルティング会社39社をピックアップ(2023年11月20日時点)。公式HPに記載されている情報を元に、下記企業をそれぞれ選定。

※日本経営......「明確な評価基準が定まっていない」という課題に対して 必要な項目は「組織(評価基準)の課題洗い出し」「評価項目の策定」「評価基準の策定」「評価プロセス・スケジュールの策定」「具体的な業績指標(KPI)の設定」「従業員への教育」「各部署、各個人に対しゴール(KGI)の明確化」「KGIまでのプロセスを要素分解」の8つに定義。 その8つの項目を4つ以上満たしている企業の中で、連携しているクラウドの無料トライアルが唯一ある企業

※OGSコンサルティング...「評価者のマネジメントスキルにバラつきがある」という課題に対して必要な項目は「人材マネジメントポリシーの策定」「人事制度ポリシーの策定(人事ポリシー)」 「360度評価制度の追加」「マネジメント層へのスキルアップ研修」「マネジメント層への社内方針を下す研修」「人財要件を軸に、役職の昇降格要件を設定」の6つに定義。 その6つの項目の中から3つ以上公式HPに記載されている企業を選出。 その中で、設計前の基礎知識の講習をマネジメント層へ行ってくれる唯一の企業

※HRBrain コンサルティング......「昇給・昇格基準が明確にできていない(年数や感覚で任用している)」という課題に対して必要な項目は「職種別の等級基準の設計」「等級制度の設計」「報酬体系の策定」 「昇降格ルールの策定」「報酬水準の決定」「キャリアパスのロードマップ作成」の6つに定義。 その6つの項目の中から3つ以上公式HPに記載されている企業を選出。 その中で、「社員説明会の実施」も行っており、なおかつ500名以上の企業の人事制度事例を掲載している企業。

5つの選択肢を選ぶだけ!
30社以上コンサル会社から
自社に合った会社がすぐに見つかる
自社に合った
人事評価コンサルティング会社を見つける